>

きつい靴は何足も履いたことあったのに!

あの靴はそれほどきつくはなかったけれど

あの靴を履いてみた時、こんなにきついと思ったかな?まさか足指がこんなになるとは・・・。
靴を買うときには誰も思いもしないことでしょう。確かに足の指の方がきつく感じる靴を買って履き続けていると、靴の中で足の指が靴で圧迫され続け、足指がだんだん痛くなっていきます。そしていつのまにか足指が変形していることに気づくのです。誰が見ても靴からの圧迫で生じているような感じを受けるのです。

しかしそれだけでは、かなりの圧迫がないと足指は曲がっていきませんし、指の付け根が膨らんだりはしません。またそのような靴を履いても、いつもそういった症状が出るとは限りませんし、足指がきつく感じない靴でも長く履いているとそういった症状が生じることがあります。
それでは、外反母趾の症状はどうして生じたのでしょう?

ほんとに靴が原因?

人間は歩くとき、かかとから上げて指で土を蹴って歩きます。指がかなりきつく締められている靴を履いた場合、足裏かが少ししか上がらなくなります。そこで、足指のところに力が入ってしまって、足指に無理がいってしまうのです。

これと同じ症状になるのが、ヒールとかパンプスなどで、緩い靴を履いた場合も同じです。緩い靴を履いていると、脱げないように足指を上げたり指を縮めて歩いてしまいがちになるからです。足指を上げて歩くと、親指の付け根に力がかかり衝撃が大きくなるので、親指の付け根が出っ張る外反母趾になってしまいます。

それ以外に、足指の筋力の低下や足指をつかないで歩き方などでも外反母趾になることがあります。女性の靴は先が細くなっていたりかかとを立てて歩く靴が多いのも原因ですが、それ以外に女性の方が筋力が弱いということが、女性の方が外反母趾になりやすい原因なのではないかと言われています。


この記事をシェアする